HIV検査は早く受けるメリットがたくさんあります。ウイルスの増加を防いだり免疫力を保つことが可能なんです。それでも専門の検査は苦手だという方にお手軽に自宅で受けられる検査キットのご説明をいたします。

HIV検査は自宅でも可能?の2016年7月記事一覧

  • 腹痛で危険を感じ、HIV検査を受けるのも有益

     HIVウイルスに感染した場合は、2週間から2か月後に風邪に似た症状が出ることがあります。発熱やのどの痛み、発疹、下痢などです。腹痛は下痢の際に出るものなら別ですが、下痢でもなく腹痛がある場合は他の疾患の可能性も考えられ…続きを読む