HIV検査は早く受けるメリットがたくさんあります。ウイルスの増加を防いだり免疫力を保つことが可能なんです。それでも専門の検査は苦手だという方にお手軽に自宅で受けられる検査キットのご説明をいたします。

性器から感染、性行為感染症のHIV検査について

HIVは最近日本で増加傾向にある性行為感染症の1つです。以前は余り良い薬がなく、HIV検査をして感染が確認されると内服でコントロールをしてもAIDSを発症して最後は無くなるという人が少なくありませんでした。しかし今はHIVが増加傾向にある、とくに性行為の若年化が進み、若い世代での感染が確認されてきているということから、国全体で啓蒙活動や注意をしています。そのために性行為をしてHIVに関する不安を持つ人に対しては、保健所などでも検査が出来るようになっています。もちろん産婦人科やいろいろな病院でも検査を行うことができます。このHIVというのは、男性の性器と女性の性器が直接的に触れ、精液や血液によって感染します。通常の性行為の場合は、コンドームを使用しなかったときの性行為などで感染することがあります。また性行為の強要によって性器より出血そして感染をすることもあるのです。最近は性器だけでなく、オーラルセックスからの感染も確認されています。これは血液による感染が考えられますね。HIVに感染するとすぐには症状がなく、風邪やだるさなどしばらくたってから体の不調を訴える人が少なくありません。そしてHIV検査を受けてみると陽性だったということがあるのです。目に見えない物から感染をするので、いつどこで感染するかわかりませんよね。また性行為からの感染も1度したからといって100%感染するわけではありません。そのために今回は大丈夫だろうと軽視している人も少なくないのです。しかしながら一旦感染してしまうと症状は抑えられますが、根治は難しい病気です。そのために私たちが出来ることはやはり感染を予防するにつきます。