HIV検査は早く受けるメリットがたくさんあります。ウイルスの増加を防いだり免疫力を保つことが可能なんです。それでも専門の検査は苦手だという方にお手軽に自宅で受けられる検査キットのご説明をいたします。

エイズの検査するHIV検査と第四性病

エイズが蔓延する前の段階で、以前の性感染症の一つに第四性病の存在を挙げることが出来ます。第四性病とは、鼠径リンパ肉芽腫のことで、鼠径リンパが足の付け根に位置する部分のことで、クラミジア・トラコマティスという細菌に感染すると、その部分に痛みが伴い膨れ上がった状態になります。

実際には、梅毒・淋病・軟性下疳に続き第四番目の性病ということで第四性病という命名が付けられたものです。ただ現在の日本では多くの患者を抱えている状態ではなく、非常に稀な存在となっており、主に外国での感染が多い性病で輸入型の性感染症の特徴となっています。

しかも現在では抗生物質の投与といった治療法も確立しており、感染には注意する必要はありますが、それほど恐ろしい病気ではありません。もっとも現在の主流は、世界的に蔓延している不治の病に近いエイズの存在がメジャーで、これに感染しているかどうかはHIV検査を行うことでしか確認できない状態となっています。

HIVウイルスは、人が持っている免疫細胞を破壊するウイルスで、それによって免疫機能を低下させ、最終的には健常者なら感染しない病気によって、死に至らしめる性質があります。HIV検査の実施は、保健所や医療機関、検査キットも存在しており、プライバシーを侵害せずに匿名で検査を受けること出来ます。

従って、思い当たる節があるひとはHIV検査を行うことで蔓延自体を防ぐことも可能となります。国の法律の整備においては、性感染症に対する法律が制定されており、感染症の種類を第一感染症から第五感染症までの五段階に分けています。

もっとも身近な感染症である梅毒やエイズは第五感染症に分類され、その感染した患者の診察データを報告する義務を生じさせており、エイズや梅毒の発生を重要視しています。